Fly Wheels Issue #192012年08月17日 23:07

Fly Wheels #19の最終データ納品完了。
ヴィンテージ・デイトンワイヤーを履いた'29年型モデルAは激シブで、ハンドルを握るJ-motorsセホーさんの前傾姿勢がまたカッコいいんです!

写真は残念ながらボツとなったものですが、私のお気に入りカットです。撮影は横浜からクルージングして郊外のロケ地で行いました。移動中はこんなにいい光が出てたのに、現地では夕陽が出ていた時間はわずか5分・・・。朝5時に家を出てロケハンして、日の沈む位置まで確認したのにです・・・。
それでも厚い雲から一瞬だけでも陽がさしてくれたおかげで、幻想的な画を撮る事ができました。詳細は8月27日発売のFly Wheels #19にて!

追記 編集部からのデザイン待ちの間にブログ開設しました。
しかもすごくマイナーなアサブロです。馴染みのプロバイダーだし画像の制限がないってことでココにしたのですが、ある問題が。一つの記事に画像を一つしか掲載できないようです・・・。なんとか対策せねばです。

ちょっと近所の滝まで2012年08月19日 23:45

クライアントからのデザイン待ちの暑かった16日の日中、
仕事が入ってくるのは夜だろうと予想し、
近所の滝まで夕涼みに行ってきました。

事務所からクルマで30分もかからない白岩の滝。
最近その存在をしりました。
一応東京にあります。
天然のマイナスイオンを浴びてこようということで
妻と探訪することにしました。

クルマを停めて遊歩道の入り口に立つとこの看板。
ツキノワグマが 出るそうです。
近所ではテンやニホンザルも見る事があるので、
熊が出ることにたいして驚きは無かったのですが、
ビックリしたのは妻のこの一言。

「スニーカー履いてくればよかった!」

んなワケないだろうと振り返って声の主の足元を見たら
ヒール付きのサンダル履き。
私がビックリした顔をしてたら

「だって簡単に見れるとこにあると思ったんだもん」

以前奥多摩の山道をハイキングしたときもサンダル履きだったけな。
こういう所に 来ると妻はテンション高くなって「大丈夫」と言って
どんどん歩いて行きます。
滝まで5分ほど遊歩道を歩けばたどり着くので、そのまま登ることにします。

そして目の前に現れたのが2段になってる白岩の滝。

涼しい!! マイナスイオン気持ちいい!!
事務所から25分ほどしかクルマを走らせていない場所に
こんな避暑地があったとは!!
しばらく滝壺に足を突っ込んで冷水を堪能しました。

遊歩道をさらに上に進むと別の滝も存在。
こちらは滝壺には近づけませんが、
聞こえてくる水音はすごく心地よかったです。

いいリフレッシュになりました。

追記 画像を複数毎掲載できるエディタ機能を発見しました。
これでガンガン写真をアップロードできます!

ちょっと近所のCAまで2012年08月21日 00:53

事務所からクルマで15分程のところに合衆国カリフォルニア州がありまして、
そう、米軍横田基地なんですが、
アメリカ本国からの郵送物は
カリフォルニア州宛てってことになってるそうなんです。
ご近所のMerry Poppins C.C.のメンバーから伺った話しです。
ちなみに横須賀基地も沖縄基地も同様らしいです。

先週末、その横田基地で 毎年開催される友交際に
バスと電車を乗り継いで行ってきました。
午前中は都内でゲリラ豪雨もあったためか、それほど混雑はしておらず、
ゆっくりと基地内を楽しむことができます。

雨あがりの空に映し出される虹を見ながらのハンバーガーは美味かったぁ!
肉は固いし、チーズはとろけてないし、なぜかパンが冷たいんですがね。
たぶんココでなかったら二度と注文しないレベルのものなんですけどね。
(昨年食べたのはゴム臭がしてて、翌日も胃からその臭いが戻ったりしたっけな)

基地内では小さなカーショーなんかもあったりするんです。
こじんまりとしたモノなんですが、
ホットロッドをはじめ、プロストックカーやトップフューエルなんかの
ドラッグレースカーなんかも展示されています。





広大な敷地の中、まっすぐに直線が延びるこの横田基地で
ドラッグレースが開催されれば盛り上がんだろうなぁ。
立川基地でのドラッグレースを写真でしか見ていないので、
基地内でのレースをいつかこの目で見てみたい。
PRAもツアー化してここでやってもらいたいなぁ。
石原都知事、なんとかなりませんかね。

基地と いえば中学時代に友人と岐阜県の各務原基地祭に行ったことを思い出しました。実家のある愛知県の佐織町(現・愛西市)からケッタ(自転車)を2時間こいで、一眼レフ(友人からの借り物)を担いで向かいました。
思い返すと自分で買ったフィルムを入れて、一眼レフで写真を撮った初めての体験かもしれません。

あのときは入場料払って基地に入ったのですが、
友交際という名を冠するだけあって、ここでは荷物チェックだけで無料でこんなものまで間近で見られます。

ファイティングファルコン

ホーネット(スーパーホーネット?)

サンダーボルトII


大人気のラプター

そしてグローブマスターIII


時間ギリギリで機内を見学することができました。

とあるヘリ格納庫で格闘家の撮影をしたおりはプロペラには絶対に触るなと何度も念を押されたりしたものですが、ここではプロペラ触り放題。
軍用機はそれだけ丈夫なんでしょうか?

ここだけ地面が濡れてるから消防車による放水ショーでもやったんだろうか。
働くクルマ好きの甥っ子連れて来たら喜ぶんだろうなぁ。


ちなみに横田基地は昨年の東日本大震災時にオペレーション・トモダチの作戦司令部が置かれたところなんです。そのため昨年の友交際では米軍の方たちに、日本人がお礼を言う風景を何度か見かけました。米軍の方たちも日本人を励まそうとするようなもてなしだったような気がします。
今年はいつも通りの友交際に戻った感じがしますが、基地の方たちへの感謝の気持ちはいつまでも忘れないでいたいと思います。アリガトウ!

滝とレーベンハート2012年08月22日 00:02

先日の滝話しで、某雑誌のこんな撮影を思い出しました。
レーベンハート、LD6の22インチを渡されて、
私の感性にまかせてイメージ写真を撮ってきてほしいという依頼。
長野にある滝とホイールを絡めるという私の提案は受け入れられたため、
高価なクロームホイールをクルマに積んで、
アシスタントをお願いした友人とともに上信越道を走りました。

緑が鮮やかな苔が生える岩場の先にその滝はあります。
滝を背景にホイールをセットし、
中判フィルムカメラのファインダーを覗きました。
ところがシャッターを切るのがためらわれるのです。

背景にモデルが入れば、無機質な画にストーリー性が加わる。
もっといい画が撮れる。

そう考えた私は編集部に電話を入れ、
予算的に可能であればモデルを連れて、
再度東京と長野を往復したいと提案してみました。

よりいいものが出来ると判断できるのであれば構わないと
快諾をもらいました。

こうして出来上がったのがこの画です。

前回とは異なり快晴が続いていたこの日は、
苔が乾き鮮やかな緑が失われていたため、
友人と二人で岩という岩に水をかけまくりました。
実は足を怪我をしていて歩く事もままならないモデル(こちらも友人)に
無理して沢を渡ってもらい、
わずか1カットのために様々なポーズをとってもらいました。
当時はデジタルではなく、中判フィルムでの撮影のため手間もかかります。
しかしこの画角で美しいボケ味が出るのは中判ならではです。

久しぶりに中判フィルムカメラを携えて撮影に出かけたくなる。
そんな気にさせてくれる思い出の一枚です。

滝とVO VO TAU2012年08月23日 01:04

昨日お話した滝、あれはあるバンドの自主制作CDの
ジャケット撮影用ロケハンをしていたときに見つけた場所でした。

最高のライブを奏でる4人。
その若者たちから相談を受け、
以下のようなコンセプトで構成することにしました。
アルバムのイントロに流れる無線の会話から想起される密林、
そこを分け入って大切なナニかを探しに行く。

長野の山道を何度も上っては戻りの繰り返しの末、
数時間かけて見つけたのがこの場所でした。
岩が苔むし、大きなシダ植物が群生し、沢が流れる。
倒木が何本もあり、人の手が行き届いていない
イメージにピッタリなロケーションでした。

後日機材車両に4人の若者を乗せて長野に向かいました。
滝は美しい流れで画としてはコンセプトから外れるために
背景には使いませんでした。

 

4枚の写真からなるシーンの構成。
これが彼らがメジャーデビューする前のアルバムの写真です。


彼らはいま、それぞれ別の進行方向を選び、 進んでいるようです。
私は彼らの夢の手助けを出来たんだろうか。
大切なナニかは見つかったのだろうか。

いつかまた4人の奏でる音楽を間近に聴いてみたい。
見つけた大切なナニかを持ち寄って。

 

http://youtu.be/-bPkO2zRvGs
http://youtu.be/ZX8c2cptQaM